コラム記事記事一覧

BGMがわりにテレビをつけっぱなしにしてることがあるんですけど、たまたま月に関する特集があって、妊娠線についても語っていました。妊娠線に関してはチラッとも触れないので、それはないでしょと思ったのですが、体重は話題にしていましたから、妊娠線のファンも納得したんじゃないでしょうか。予防法のほうまでというのはダメでも、妊娠線がなかったのは残念ですし、妊娠線予防クリームあたりが入っていたら最高です!方や妊...

年齢を重ねていくと供に、肌に対する不満が多くなってきたので、化粧水や乳液をエイジングケアの出来る商品に取り替えたり、美容液やクリームなどもプラスするようになりました。ただ、美容部員の方からのお話では、重要なのはクレンジングだという話でした。今現在のものを使い終えたら、すぐにでも捜さなくてはと考えております。紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれています...

一度出来ると除去出来ない妊娠線ですがたっぷりケアをおこなうことで薄くすることは可能です。そこで日常の労りが発揮されます。腹部などいたるところに妊娠線ができますよ。たとえばお尻や足に発生しますが妊娠中はケアするマストです。妊娠中はホルモンの関係上大方肌が乾燥傾向にあり全身のボディケアをボディクリームで妊娠線が出来るのを防ごう。現在まで妊娠線で悩んできた女性にとって水着などありえないと思っていましたが...

有効に体重管理により妊娠時のストレッチマークが出来るのを回避出来ます。沿うするにはバランスの取れたご飯を適度に摂りましょう。妊娠中の皮膚の乾燥する時はお風呂上りなのでお風呂タイムがあがったら即保湿ケアをし妊娠線を改善しましょう。薄着の頃合いになると肉割れに見える線で気になってくるという女性はとても見かけるので妊娠している間は労りがいります。一旦発生した妊娠線が消えることは難しいですが薄目にするのは...

あとピーの場合は乾燥に起因するかゆみも発症することが多いですから、お肌が弱い人用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されているケアすることが望ましいですね。そのほかにも、軟水を使って顔を洗ったり、体を洗ったりするのも望ましいです。軟水には肌を刺激する物質が混じっていないので、敏感なあとピーの人にとっては適しているのです。寒くなると空気が乾燥するので、肌の水分も奪われがちです。潤いが奪われて肌が...